MDAホーム 私の考えるメディカルデザイン メディカルデザインの可能性、期待すること−医療を支えるデザイン−横井 郁子

応援メッセージ─私の考えるメディカルデザイン─

「メディカルデザイン」の可能性、期待すること−医療を支えるデザイン−

横井 郁子 横井 郁子 【審査員】
(東邦大学医学部 看護学科高齢者看護学研究室 教授)

私は「いのちを見守るコミュニケーションデザイン」というコンセプトのもと、医療現場のコミュニケーションツールとして医療看護支援ピクトグラムの開発に関わってきました。患者さんの生活支援情報を、ピクトグラムという形にしてベッドサイドに表示してみますと、試みに挑戦した病院から、「面会に来た4歳のお孫さんがそのピクトを見ておばあちゃんを励ましていた」「ピクト導入の検討会議はなぜかいつもの会議より和やかだった」などの感想が届きました。どんな効果があるのかは、まだまだこれからなのですが、デザインの力を期待せずにはいられません。

医療現場では、患者も職員も常に命と直接向き合わされます。医療を受ける側も施す側も、高い緊張を強いられる特殊な環境です。そんな環境をさりげなく支えているもののひとつに、デザインの力があると思っています。この企画が医療を支えるデザインの力を気づき、実感する機会となることを願っています。

プロフィール

看護師として大学病院で11年間の勤務後、大学院へ進学。日本大学大学院理工学研究科医療・福祉工学専攻修士・博士課程修了。工学(博士)。2007年より現職。2007年「ベッドまわりのサインづくり研究会」を発足、[いのちを見守るコミュニケーションデザイン]が2009年度グッドデザイン賞を受賞。

私の考えるメディカルデザイン一覧へもどる
医療従事者のみなさまへ
  • 体験イベント
  • 体験イベント

    異業種交流の場となるイベントのお知らせとレポートはこちら!

メディカルデザインアワード、LMDPサポーターの登録はこちらから!
賞への応募について

応募受付期間:2011年1月15日(土)~4月30日(日) 参加資格:どなたでも

応募方法についてはこちら

サイト内検索
協賛
柴橋商会
メディアコンテンツファクトリー
テルモ
65+[ローゴプラス]
株式会社 JMS
岡村製作所
コクヨ
特別協力
(医療EVプロジェクト・パートナー)
セグウェイジャパン
携帯サービス協力
アルファ・モバイル
スポンサー募集

当アワードに協賛いただける企業を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら